南極大陸 あらすじ ネタバレ 第6話 [南極大陸 あらすじ ネタバレ 第8話]

ドラマ南極大陸のあらすじネタバレ第8話ですが、迎えに来た「宗谷」に、

第二次南極越冬隊との引継ぎのため乗り込んだのだが、

激しいブリザードのため15頭の樺太犬だけを昭和基地に残し、日本に帰国することに…。

倉持(木村拓哉さん)は犬たちが逃げないように首輪のベルトを一頭づつ締めて来た事の後悔と

絆の為に、最後まで犬たちを迎えに行くためセスナを飛ばすよう懇願していた。

しかし、隊員たちの命を優先するため犬たちを昭和基地に残し日本へ向けて

出発することになった 「 宗谷 」 で、倉持は身を裂かれる想いでその場に崩れ落ちる。

日本では早速、新聞記事に犬たちを置き去りにした記事が掲載される。

リキを家族のように飼っていた 綾子 (木村多江さん) や 遥香 (芦田愛菜ちゃん) らは、

衝撃を受ける。

その頃、南極に残された樺太犬たちは、繋がれた首輪を必死に抜けようとしていた。

鎖を外した犬たちは、基地に入り、脱ぎ捨てられた隊員たちの服やシーツなどのにおいを嗅ぎ、

顔を擦り付け、吠えていた…。

置き去りにされて、裏切られたと人間は思うが、果たして犬たちはどんな思いで死んで

行くのでしょう。

ケープタウンで燃料を補給して何故引き返せなかったのかなと素人考えですが・・・。

12月4日の21時からの放送で解りますかね。

 写真の右端「もぐら汁」は生産を終了しました!

セットには入っていませんのでご了解ください!

★<<郷土のお宝関連は、こちら>>★

◆最後まで、ご覧頂き誠に有難う御座います~

 微力ですが、頑張って掲載していきますので、

 またの訪問、お待ちしております!◆


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます