南極大陸 予告 第9話 [南極大陸 予告 第9話]

いよいよラストに近づいている、南極大陸ですが、12月11日が

ラスト前でその感動ドラマの予告第9話は、昭和30年代。戦後10年を過ぎた頃、

研究者・倉持岳志 (木村拓哉さん) は、日本中の夢と期待を背負いながら過ごした

南極での過酷な越冬生活を、仲間である樺太犬15頭を昭和基地に残したまま

日本に帰国するという形で終える。

帰国した倉持は、樺太犬の飼い主たち1軒ずつに、“南極での犬たちの生活” を

伝える旅に出る。そこで、リキの飼い主・遥香 (芦田愛菜ちゃん)

“リキを信じる気持ち” に触れ、倉持は自分が間違っていたことに気付かされる。

犬たちが生きていることを信じ、第三次隊になり、再び南極へ行く決意をする倉持。

その時、第三次観測隊が正式に決まった知らせを受ける。

倉持は、“もう一度、南極に行きたい” という思いを伝えるため、

星野 (香川照之さん)氷室 (堺雅人さん) らのいる日本学術会議ビルに戻ってきた。

しかし、第三次隊の選考基準の中に 【第一次及び第二次越冬隊に参加した者は除く】

という項目があり、愕然とする。

白崎 (柴田恭兵さん) は、第一次隊からも希望者を募らせてもらえるよう、

選考基準を作った文部省の事務次官を説得する。

その頃、南極に残された犬たちは、ブリザードの吹き荒れる過酷な環境の中、

生き残るために必死にもがいていた…。

犬たちにとっては、悲運な結果になりましたね、現在の技術なら犬たちを

置き去りにはしなかったのでしょけどね。

【つま先二重補強】防寒靴のつま先は、極寒の環境でも硬化しにくい

人工皮革と樹脂製先芯の二重補強、落下物による事故を防ぎ、

靴内に空気層を確保して寒さを和らげます!

★<<観測に因んだお宝関連は、こちら>>★

◆最後まで、ご覧頂き誠に

 有難う御座います~

 またの訪問、お待ちしております!◆


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます