陽はまた昇る あらすじ 7話 ブログトップ

陽はまた昇る あらすじ 7話 [陽はまた昇る あらすじ 7話]

陽はまた昇るのあらすじ7話は、今夜放送されます。

そのドラマのストーリーですが、初任教養部長・簑島佐和子(真矢みきさん)は

警視庁捜査一課長・杉崎孝夫(六角精児さん)のもとを訪れていた。

佐和子には気になることがあったからだ。

というのも先日、遠野の妻・奈津美(斉藤由貴さん)と逃避行を

続けている犯罪者・安西雄哉(ARATAさん)が10年前に

死に至らしめた巡査の妻が、警察学校近くのカフェ「SUN」の

ママ・田中里美(石野真子さん)であることが判明。

ところが、警察学校の校長・内堀清二郎(橋爪功さん)は

どういうわけか佐和子に、その事実を遠野には絶対に

言うなと命令したのだ。

杉崎にも内堀の意図は図り知ることはできなかった。

しかし、佐和子が独自に集めた資料に目を通した

杉崎は突如、胸騒ぎに襲われる。

やがて杉崎は単独で、内堀に接触するが…。

そんな折、遠野のもとに安西から連絡が入った。

「会って話がしたい」と告げる遠野。

遠野は必ずひとりで行くと約束し、安西が指定した場所へと向かう。

そして…遂に2人が対峙するときが訪れた.....。

壊れた心の傷を修復できて妻を取り戻せるか、今夜を期待したいですね。

このドラマは、今夜テレビ朝日系で9時からの放送です。

★当ブログの記事を最後まで、ご覧頂き誠に有難う御座います~

 サイドやセンターの広告等もご愛顧及びクリックのお願いと

 またの訪問宜しくお願いします!★


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
陽はまた昇る あらすじ 7話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます