瑛太 ドラマ それでも生きてゆく あらすじ ブログトップ

瑛太 ドラマ それでも生きてゆく あらすじ [瑛太 ドラマ それでも生きてゆく あらすじ]

瑛太さん主演のドラマそれでも生きてゆくのあらすじですが、

このドラマも終末を迎えるに従ってやっと視聴率が二桁台を

回復したようです。

加害者側と被害者側の人間模様の10話のあらすじストーリーは、

深見洋貴(瑛太さん)は三崎駿輔(時任三郎さん)から

三崎文哉(風間俊介さん)の亡くなった母の出身地を聞き、

広島行きの新幹線に乗る。

その頃、すでに遠山(三崎)双葉(満島ひかりさん)は、

その地で文哉を探していた。

駿輔は隆美(風吹ジュンさん)、灯里(福田麻由子さん)と別居し、

果樹園の草間五郎(小野武彦さん)のもとに謝罪のため足を運ぶのだが

、会ってはもらえずにいた・・・・。

このドラマの10話は、今夜フジテレビ系で10時からの放送です。

なんでもデコちゃいますね!

☆それでも生きてゆくのお宝関連は、こちら>>☆

★当ブログの記事を最後まで、ご覧頂き誠に有難う御座います~

 サイドやセンターの広告等もご愛顧及びクリックのお願いと

 またの訪問宜しくお願いします!★


瑛太 ドラマ それでも生きてゆく あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます