南極大陸 予告 ブログトップ

南極大陸 予告 [南極大陸 予告]

今月からスタートする、南極大陸の予告は、昭和30年代、

戦後10年を過ぎた頃、日本は失いかけた自信を取り戻すべく、

人々はがむしゃらに働き、経済を立て直していた。

しかし、世界からは 「 マネをする国 」 「 敗戦国 」 とレッテルが貼られていた。

その頃、世界各国で地球観測の動きが活発になっていた。

アメリカ、ソ連など戦勝国を中心に 「 国際地球観測年特別委員会 」 が

設置され、未知の大陸 「 南極 」 観測が計画される。

アジア諸国で唯一参加を表明した日本は、「 敗戦国の日本 」 に何ができるんだと

世界から罵倒され、そして、日本に割り当てられた観測場所は、

“インアクセサブル・接近不可能” な場所だった…。

そこは氷点下50度、風速100メートルのブリザードが吹き荒れる最悪の場所、

全く期待されていなかったのだ。

良く知られている樺太犬との愛と絆のドラマを木村拓哉さん演じる倉持岳志は、

山本裕典くん演じる犬塚夏男と同じ犬ぞり担当いわゆる犬係である。

TBS開局60周年記念、民放の大河ドラマが、NHKを超えた豪華なキャスト陣

で臨み、民放の大河ドラマの歴史が、16日の21時から始まります。

★<<木村拓哉さんのお宝関連は、こちら>>★

◆当ブログの記事を最後まで、ご覧頂き誠に有難う御座います~

 サイドやセンターの広告等もご愛顧及びクリックのお願いと

 またの訪問宜しくお願いします!◆


南極大陸 予告 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます