南極大陸 実話 あらすじ ブログトップ

南極大陸 実話 あらすじ [南極大陸 実話 あらすじ]

ドラマ南極大陸は、実話を元にしたフィクション、そのあらすじですが、

当時の企業、本田技研やSONY、竹中工務店などの協力や技術の無償提供は事実です。

当時の千以上の会社が、初めての南極観測に協力しています。

その第3話の公式サイトでは、昭和30年代。

戦後10年を過ぎた頃、地質学の研究者・倉持岳志 (木村拓哉さん) は、

日本が失いかけた自信を取り戻すため、日本の未来に大きな夢と希望を

抱いた子どもたちの思いを抱き、タロ・ジロをはじめとする樺太犬と一緒に

南極へと旅立った。

しかし、それは想像を絶する困難の始まりであった。

灼熱の太陽、大型台風、「 船の墓場 」 と言われる低気圧多発地帯に

宗谷は巻き込まれてしまう。

そんな幾多の困難を乗り越え、宗谷はついに南極圏へと入っていったのだが…。

宗谷は四方を氷に塞がれしまうのですが、その後のストーリーは、今夜の9時から

TBS系の放送をご覧ください。

 

★<<特価商品のお宝関連は、こちら>>★

◆当ブログの記事を最後まで、ご覧頂き誠に有難う御座います~

 またの訪問、お待ちしております!◆


南極大陸 実話 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます