科捜研の女 あらすじ 第7話 ブログトップ

科捜研の女 あらすじ 第7話 [科捜研の女 あらすじ 第7話]

木曜ミステリードラマ科捜研の女のあらすじ第7話は、

12月1日のゴールデンに放送されるストーリーです。

沢口靖子さん主演のドラマのストーリーのあらすじは、

川岸で男性の水死体が発見された。

マリコ(沢口靖子さん)の検視や早月(若村麻由美さん)の司法解剖により、

死因は溺死ではなく頭部に受けた傷であることが判明するが、

被害者の名前を聞いた科捜研所長・日野(斉藤暁さん)は衝撃を受ける。

死亡した五十畑収吾(羽場裕一さん)は"科警研"所属のインク鑑定の権威で、

かつて日野が警視庁の科捜研に在籍していた頃、共に鑑定に

当たったことのある仲間でした・・・・・。

事件を科学の力で解明するシーンは、このドラマでしか

観られないので、興味深いところですね。

お洒落な若者を中心に人気のPRADA めがねフレーム!

プレゼントとしてもブランド メガネフレームブランド サングラスと共に好印象!

★<<ブランドグッズ商品のお宝関連は、こちら>>★

◆最後まで、ご覧頂き誠に有難う御座います~

 またの訪問、お待ちしております!◆


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
科捜研の女 あらすじ 第7話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます