坂の上の雲 あらすじ 第11回 ブログトップ

坂の上の雲 あらすじ 第11回 [坂の上の雲 あらすじ 第11回]

NHKスペシャルドラマ坂の上の雲の第3部が12月4日よりスタートしました。

第3部は、12月期に『全4回』今度の日曜日のあらすじ第11回(二〇三高地)は、

第三軍は、三度目の旅順要塞総攻撃を予定。

各師団から選抜した三千百余人の白襷(だすき)隊による一大決死隊が突撃を開始する。

しかし、

突撃開始から3時間で全線にわたって攻撃は頓挫、

闇に乗じて敵の鉄条網まで迫った一団も機関銃火を浴び、

ついに白襷隊壊滅の報が第三軍司令部に届く。

乃木(柄本明さん)はもはや正面攻撃は無理と判断し、

二〇三高地を全力で落とすと宣言する。

そして、第一師団五連隊が敵の猛攻を受けながら山頂への突撃を試みるが、

一度は占領した頂上は再び奪取されてしまう。

総攻撃の開始から6日目、連合艦隊・三笠の艦内では、

そろそろ攻撃中止命令が出るころだとの声が上がる。

その声に真之(本木雅弘さん)は、4万5万の将兵が犠牲になっても

二〇三高地はおとさなくてはいけないと激する。

こんなに多くの犠牲者を出しても落とせるのか、ドラマの今後の展開

が気になります。

通常、お酒の搾りは圧搾機で圧を掛けて搾りますが

袋吊りは、出来上がった醪(もろみ)を酒袋につめて

それを吊り下げ、自然に滴り落ちてきた雫だけを

瓶詰めしたお酒です!

ごく少量しか取れないとっても贅沢なお酒なのです!

★<<お歳暮商品のお宝関連は、こちら>>★

◆最後まで、ご覧頂き誠に

 有難う御座います~

 またの訪問、お待ちしております!◆


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
坂の上の雲 あらすじ 第11回 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます